コミュニケーションツールとして・・・

コミュニケーションツールイメージ

現代では、オンラインでのコミュニケーションツールの一つとしてツイッターが利用されることが多くあります。これは面白い現象だと感じませんか?
リアルで出会った人に、リアルでない世界でもつながりを求めるわけです。

【[名刺の肩書]英語による肩書きの表記|SPEED名刺館】

英語による肩書き・部署の表記の参考資料です。会社や国によって言葉の意味合いが異なってきます。ですので、あくまでも参考程度にご覧下さいませ。

また、このSNSサービスは名刺にも活用されているケースが多くあります。

また、飲食店などの企業においてもイベントの告知や求人情報などもこれを通じて知らされることもあります。

プライベートにおいてもビジネスにおいても活用されているツイッターのIDを名刺にも記載しておくことで、幅広いつながりを期待したり、仕事以外の共通の趣味なども分かったりすることがあるなどメリットも大きいものがあります。

しかし、企業によっては社員の一人一人がそれにツイッターIDを記載することに抵抗を感じる場合もあるかもしれませんが、最低限でもプライベート用の名刺においてはメールアドレスの記載とともに、このSNSサービスのIDの記載もしておきたいものです。

このSNSサービスを利用したコミュニケーションの良い所は、相手に直接メールを送信するよりも気兼ねなく関わり合いを持つことができるようになることで、難しいことを考えることなく話しかけることも可能になります。

このように、現代社会におけるコミュニケーションの取り方は、いろいろなツールやアイテムが融合したものになっていますので、名刺だけでなくツイッターやメールなどを活用して人と人とのつながりを深めていくことができるようになっています。

ページの先頭へ